惑星大気研究会 (WTK)

惑星大気研究会とは

惑星大気研究会 (WTK) は, 惑星大気科学に関するさまざまな話題を議論する場です. 研究会とビデオ会議システムを用いたオンラインセミナーを行っています.

研究会, オンラインセミナーに関するお問い合わせは, 惑星大気研究会運営グループ wtk-staff at gfd-dennou.org までお願いします.

次回研究会, オンラインセミナー, 関係研究集会予定

オンラインセミナー第 104 回 2020 年 6 月 9 日 (火) 16:00 - 18:00

話題提供者
  • 中川広務 (東北大) 「予想外に温かい火星夜側中間圏」
要旨

NASA火星探査衛星星掩蔽観測で得られた新たなデータセットを用いて火星夜側中間圏の温度構造を調べたところ、数値モデルよりも最大で90Kも高い温かい大気層が高度70-90kmに存在することがわかった(MY33-34におけるLs=0-180の解析結果)。元来、夜側中間圏は非常に低温であることが期待されるため本結果は驚きである。Wave-3構造の特徴を示していることから熱潮汐やプラネタリ波との関連が示唆される。興味深いことに、数値モデルは観測で得られた特徴をよく再現できているが振幅が圧倒的に足りない。今回観測された現象との関連は不明だが、地球および金星においても類似された中間圏で特異な温度構造があることがわかっており、3つの惑星比較は面白い。本発表ではNakagawa et al. (2000)を概観するとともに、可能な限り比較惑星学的な理解を試みる。

接続方法

zoom を使用する予定.

オンラインセミナー第 105 回 2020 年 6 月 25 日 (木) (13:00 - 15:00)

話題提供者
  • 齊藤大晶 (北大) 「爆発的噴火により励起されるインフラサウンドの観測結果と伝播シミュレーション比較(仮)」

研究会

現在企画中です.

その他

現在企画中です.

過去の研究会等の資料

過去の研究会, オンラインセミナーの情報, 及び講演資料を公開しています [過去の研究会等の資料].

リンク